FOLLOW US

【横浜】「ベイブレードXRスタジアム」が11月13日(月)から新登場!

トイロパーク powered by リトルプラネット イトーヨーカドー ららぽーと横浜で11月13日(月)から、現代版ベーゴマ『ベイブレード』の最新シリーズ『BEYBLADE X(ベイブレードエックス)』をテーマにした新アトラクション「ベイブレードXR(エックスアール)スタジアム」が登場します。

※XR(Extended Reality)・・・VR(仮想現実)、AR(拡張現実)、MR(複合現実)など、現実世界と仮想世界を融合する技術の総称

 

「ベイブレードXRスタジアム」は、株式会社タカラトミーが2023年7月から展開する『BEYBLADE X(ベイブレードエックス)』のバトルをXR技術でショーアップした、“未来のアソビ”が楽しめるアトラクションです。

高速回転するベイブレード(コマ)の動きをセンサーが感知し、その軌跡を鮮やかな光のプロジェクションマッピングで映し出します。歴代最速のベイブレードシリーズである『BEYBLADE X』のスピード感が際立つ演出で、まるで漫画やアニメの世界が現実になったかのような次世代バトルが体験できます。

これまでイベントなどで先行公開してきた「ベイブレードXRスタジアム」が、ららぽーと横浜のリトルプラネットで11月13日(月)から、常設の新アトラクションとして登場します。パークに入場した方は誰でも自由に体験用のベイブレード(コマ)やランチャー(コマを回す発射装置)を使って遊ぶことができます。
また、自分の愛用するベイブレードを持参したり、併設するおもちゃ売り場でアイテムを購入しパークに持ち込んで遊んだりすることも可能です。

※運営状況によりベイブレードのお持ち込みを一時休止する場合があります。体験用のベイブレードは常時ご使用いただけます。

 

自分のベイブレードで体験も可能

ショーアップされたバトルが楽しめる

「ベイブレードXRスタジアム」には、1人でバーチャルベイブレードを倒して遊べる「ゲームモード」と、2人で対戦ができる「バトルモード」があり、自由に遊び方を選ぶことができます。

光の軌跡に加えて、シュート時のカウントダウンシグナルや勝敗の結果がスタジアムに映し出され、バトルを視覚的に盛り上げます。また対戦中には自分のベイブレードの「移動量」や「機敏性」などのステータス情報がテーブル上に表示され、“近未来のスポーツ”に参戦しているかのような臨場感が味わえます。

2人対戦のほか、1人で楽しめる「ゲームモード」も搭載

体験にはリトルプラネットへの入場が必要

*原則、子ども(17歳以下)とおとな(18歳以上)のグループのみ入場できます。毎日17時以降にかぎり、おとなのみでも入場可能です。
*中学生・高校生は子どものみでも常時入場可能です。
*「ベイブレードXRスタジアム」の対象年齢は6歳以上です。

11月11日・12日に『BEYBLADE X』体験イベント実施!

「ベイブレードXRスタジアム」の登場を記念して、11月11日(土)・12日(日)の10時~16時、ららぽーと横浜2階「TOYLO PARK」内特設スペースにて『BEYBLADE X』の体験会を実施します(参加無料、小学生以上対象)。スタッフによるレクチャー後、「ベイブレードXRスタジアム」や通常のスタジアムを使ったバトルが体験できます。家族や友達と一緒に楽しみながら、気軽に『BEYBLADE X』の魅力に触れることができます。詳細はこちら

「ベイブレードXRスタジアム」は今後も、各地で開催される『BEYBLADE X』公式イベントへの展開が予定されています。最新の情報は公式サイトにてご確認ください。

リトルプラネットではこれからも、世代を超えて愛されるロングセラー玩具の魅力をテクノロジーの力で拡張した、すべての方が夢中になれる“未来のアソビ”をお届けしてまいります。

皆様のご来場をお待ちしています!

 

『BEYBLADE X』について

『BEYBLADE X』(発売元:タカラトミー)は、ベイブレード(コマ)の軸についている“ギヤ”とスタジアムの“レール”がかみ合うことで、超加速を生み出す新ギミック「Xダッシュ(エクストリームダッシュ)」を搭載した歴代最速のベイブレードシリーズです。心技体すべてが必要となる『ベイブレード』は、プレイヤー自身が楽しむだけでなく、観客をも魅了するスポーツに進化しました。シュートの練習や綿密にセッティングが可能なギアを使った改造・組み替えの知識習得など、プレイヤーの技量の向上も求められる競技「GEAR SPORTS(ギアスポーツ)」と定義し、2023年7月から新展開しています。公式ホームページ

©Homura Kawamoto, Hikaru Muno, Posuka Demizu, BBXProject, TV TOKYO
© TOMY